WorksProjects

Artificial Paradise

この作品はアーティストであり友人のAlexander B. Davisとのコラボレーション作品である。

ギャラリーの扉をあけてなかに入ると、自動的に洞窟のような構造に足を踏み入れることになる。洞窟の壁は自然の景色のイメージで覆われていて、洞窟の奥の壁には明らかに模作された太陽が昇り降りをくり返す映像が投影されており、人の声でつくられた鳥のさえずりが洞窟のなかに響いている。奥の壁の両脇には隙間があいていて、そこから外に出ることができる。今まで自分がはっていた洞窟を外から見ると、洞窟の構造を形づくっている木材が露出されたままになっていて、最小限の木と紙で簡易的に作られていることがわかる。

私たちはこの作品を通して、日常の暮らしのすぐ傍にある架空の世界、または架空の世界への入り口を作ろうとした。そして私たちが作りたかった架空の世界は明らかに、そして、かなり雑に作られたものだ。精巧に作られていて、現実に存在しているかのように錯覚させるものではなく、最小限の行為で作られていて、造り物であることは一目瞭然だが、それでいて不思議で日常から浮遊することができるものを作りたかった。そしてそれが、その頃私たちが考えていたアートの意義であり目的だったのだと思う。

Your Name *
Your E-mail *
Message