News

Upcoming Group Exhibition “ARTS & ROUTES” @ Akita Museum of Modern Art

展覧会「ARTS & ROUTES -あわいをたどる旅-」

 

■会期:2020年11月28日(土)~2021年3月7日(日) 9:30~17:00
■会場:秋田県立近代美術館
■出展作家 ・プロジェクト:岩井成昭・迎英里子・長坂有希・藤浩志・菅江真澄プロジェクト(石倉敏明・唐澤太輔)・秋田人形道祖神プロジェクト(小松和彦・宮原葉月)

 

菅江真澄を現代美術の視点で捉える

江戸時代後期に活動した旅行家で博物学者の菅江真澄は、三河国に生まれながらも、東北全土を歩き秋田にも長く滞在しました。様々な土地でフィールドワークを行い、そこにある文化習俗、風土、宗教や儀式、生活の様子などを図絵や言葉を描き、詩を詠み、残していきました。真澄のこの活動は記録として価値があるだけでなく表現としても高く評価されるべきものです。また、約200年前に真澄が残した記録をたどり、その表現としての価値を再考することは、写真や映像などの複製技術が発達し、それらによる記録が芸術表現においても大きな地位を占めるようになった現在においては非常に重要なことでしょう。

本展は、様々な媒体により表現される芸術自体が、多様な領域の”あわい”にあるものということを改めて意識した上で、「旅と表現」をひとつの主題とするものです。秋田公立美術大学はフィールドワークやリサーチを軸としたプロジェクト型のアート活動を多数展開し、新しい芸術領域の創造を探求しています。本展は、真澄の描いた図絵を手掛かりに真澄をたどるプロジェクトを起点とし、美術館や博物館の収蔵作品・資料なども交え、出来事や時間などかたちをもたないものを現代の表現で展覧会へと描き出す試みです。

[服部浩之(インディペンデントキュレーター/秋田公立美術大学大学院 准教授)]

 

・主催|ARTS & ROUTES 展実行委員会(秋田県立近代美術館・AAB秋田朝日放送)・秋田公立美術大学
・企画監修|服部浩之
・企画運営|NPO法人アーツセンターあきた(岩根裕子・石山律・藤本悠里子・高橋ともみ)
・グラフィックデザイン|吉田勝信・梅木駿佑
・ウェブコーディング|北村洸
・後援|横手市・横手市教育委員会・秋田魁新報社・河北新報社・朝日新聞秋田総局・毎日新聞秋田支局・読売新聞秋田支局・産経新聞秋田支局・日本経済新聞社秋田支局・横手経済新聞・CNA秋田ケーブルテレビ・エフエム秋田・横手かまくらFM・エフエムゆーとぴあ・FM はなび・秋田県朝日会・東日本旅客鉄道株式会社秋田支社

Project Website

Read more about the exhibition

Your Name *
Your E-mail *
Message