WorksProjects

Created by the grasp of hands, it began to crumble in the midst of formation. What would remain as its traces…? 01_Angus

Created with the grasp of hands, it began to deteriorate in the midst of formation. What would remain as its traces… is an ongoing project that originated from my research in London. While living in London, I came across with curious objects, artifacts and people at museums, archives, city corners, or dinner parties. I collected the history and stories beneath the surface of things; I searched for concealed connections among them, and drew links between them using my research, memory, and imagination. These perplexing narratives were slowly woven into the work.
Borrowing the style of novels, the work is presented in chapters at exhibitions. Words and storytelling form the primary expression while other media such as sculpture, photographs, moving images and sounds are also used. The work continues to expand in chapters until it comes to an inevitable end, where a book will be created. Unlike exhibitions, the book is independent from any fixed place and time, allowing individual readers to consume the work in their own pace and space.

01-Angus is the first chapter of the project, and the first character to appear in the Scape.
Behind a wall covered with ANGUS typography and a framed photograph, there is a darken chamber with a small wooden sculpture placed in the center. The audiences are lead into this chamber where the story of Angus is told by the artist.
The character, Angus, is one personality formed from several entities; a photographer, a God in the Irish mythology, a region in Scotland, a cow breed, a underwater surveyor used in deep sea exploration. The audiences project themselves into Scotland, the North Pole, deep seas, and an invisible or unreachable place while following the rapid changing stories. The story poses questions about relationships between seeing and knowing and being able to believe in existence of the invisible. The work is completed in the mind of the audiences as they construct the story through their own imagination.

 

A large poster (600cmx950cm), a framed photograph (60cmx70cmx5cm), a chamber for storytelling (530~740cmx880cmx265cm), wooden sculpture (10cmx10cmx10cm), and storytelling performance (approx. 30mins)

 

手で掴み、形作ったものは、その途中で崩れ始めた。最期に痕跡は残るのだろうか。は、私のロンドンでのリサーチが土台となり、現在も続いているプロジェクトだ。私はロンドン滞在中に、美術館や資料室に収蔵されているモノや美術工芸品、街の中にある建築物やモニュメント、または食事会などで出会った人々に興味を持ち、その下にひそんでいる歴史や物語にふれた。一見独立して存在するように見えたそれらのあいだに関係性を見つけたり、私のリサーチや記憶、想像を用いて、それらを繋げていった。その行為とそれにより形成された物語が序所に作品となっていった。 作品は小説形式で展開され、それぞれの章として展覧会で発表される。彫刻や写真、映像、音などの様々なメディアを含みつつも、作品の主軸は言葉や物語で作られている。章は必然的な終わりがくるまで増え続け、その時点で本が作られる。その本は、展示会とは対照的にある特有の場所や時間から解放されて存在し、読者は好きな時、好きな場所で、好きなように本を読む。

01_アンガスは作品の第一章であり、<00_景色>に登場する最初のキャラクターである。 観客は大きなアンガスのタイポグラフィーが張り巡らされ、額装された写真が掛けられた壁をぬけて、暗がりのなかに木の彫刻が置かれた部屋に入り、作家によって語られるアンガスのお話を聞く。アンガスと呼ばれるキャラクターは、写真家、アイルランド神話に登場する神、スコットランドの地方、牛の種類、深海探索装置が混在してできた一つの人格だ。観客は、次々に移り変わる物語を追いながら、スコットランド、北極、海底、見ることや辿り着くことができない世界に想像をはせる。見ることと知ることの関係性、見えないが存在するものを肯定することを問いかけるこの作品は、観客がそれぞれの心の中で想像し、構築することで完結する。

 

大型のポスター(600cmx950cm)、額装された写真 (60cmx70cmx5cm)、お話のための部屋(530~740cmx880cmx265cm)、木製の彫刻(10cmx10cmx10cm)、お話のパフォーマンス(約30分)

Related posts

Your Name *
Your E-mail *
Message