ArchivesProjects

展覧会関連トーク2 「Ethno-Remedies: Bedtime Stories ⇄ A Life’s Manual」 / Exhibition-related Talk 2 “Ethno-Remedies: Bedtime Stories ⇄ A Life’s Manual”

展覧会関連トーク2 「Ethno-Remedies: Bedtime Stories ⇄ A Life’s Manual」
2021年12月26日
登壇者:長坂有希(アーティスト)、長岡綾子(デザイナー)
モデレーター:山本あつし
参加者: 井上謙吾、榎本歩美、神田梨生、木村希、続木梨愛、野村隆文、早田典央、HUANG Peng Chia(CHISOUプロジェクト2メンバー)

プロジェクトの共同者であるデザイナーの長岡綾子さんをお呼びして、プロジェクト2メンバーとともにトークを行いました。デザインいただいたプロジェクトのロゴマークや蜂箱の色彩や模様についてのコンセプトやデザインに至るまでの共同作業について、またコラボーレーションをするなかで感じたお互いの活動に対する印象や質問、そしてこれから制作をしていく図鑑の構想などについてお話をしました。

 

写真提供:奈良県立大学「実践型アートマネジメント人材育成プログラム CHISOU」
写真撮影:山中美有紀

CHISOUウェブサイト

 

Exhibition-related Talk 2 “Ethno-Remedies: Bedtime Stories ⇄ A Life’s Manual”
December 26, 2021
Speakers: Aki Nagasaka (artist), Ryoko Nagaoka (deisgner)
Moderator: Atsushi Yamamoto
Participants: Kengo Inoue, Ayumi Enomoto, Rio Kanda, Nozomu Kimura, Ria Tsuzuki, Hirofumi Nomura, Norio Hayata, HUANG Peng Chia (CHISOU Project 2 members)

I had a talk with the designer Ryoko Nagaoka, one of the project collaborators, together with my project members. We talked about the concepts and collaboration process of designing a logo for the project and colours and patterns for the bee boxes, impressions and questions we had while working together, and ideas for the illustration book which we are aiming to produce next year.

Photos Courtesy: CHISOU Program, Nara Prefectural University
Photos: Miyuki Yamanaka

CHISOU Website

Related posts

Your Name *
Your E-mail *
Message